shinmaimanaのブログ

作業療法士で左片麻痺の障がい者でもあります、両方の視点を持つからこその事が書いていければと思います。

育児関連

むつ科学技術館に行ってきました。

青森県、むつ市、むつ科学技術館に行ってきました。 これがなかなか、、子供たちに色々な経験をさせるには良い場所でしてた。 定時開催される、科学実験が目の前で体験出来ましたよ。 (イメージ的にはでんじろう先生のような感じ) 今回わが家が行った時は。 …

海洋地球研究船「みらい」見てきました。

この、海洋地球研究船「みらい」。 ガイドしてくださったスタッフさんによりますと、 「原子力船むつ」を三つに切って前と後ろをくっつけたものが 海洋地球研究船「みらい」であるらしいのです。 ここがそのつなぎ目ですよってのも見せて教えてくれました、…

寒立馬さんに会ってきました。

青森県、東通村、尻屋崎灯台のすぐそばというか、 私が行った時は灯台でイベントやってたからいなかったらしいですが、灯台のあたりも冬季間以外は寒立馬の放牧地になっているらしいです。 shinmaimana.hatenablog.com 私が行った時には、ゲートの、すぐそば…

障がい者手帳の入場料無料サービスと所在地在住の子供無料サービス併用でお金使わず楽しむ

障碍者手帳提示での入場料無料にしていただけたり割り引いてっもらえる施設は結構多かったりします。 この前の祭日そんな施設に家族で行ってガッツリ入場料無料にしてもらって楽しんできました。 今回連休だったので『弘前市弥生いこいの広場』行ってきまし…

「男性的タイプのサイコパス気質」のつよい人に対しての対策は距離をとるしかないですな。

子供の頃、親に言われ続けてイヤだった言葉や受けた行いは、たとえ40歳を過ぎようと根に持ち続ける って話です。 皆さんは聞いた瞬間に反射的にみがまえる嫌いな言葉ってないですか?私は有ります。 『ポチ』 って言葉です。はい聞いた瞬間から冷静な対処…

料理について調べてて世界のデカさを知りました

下記事の共通認識持てるゲームを介して世界史の話が長男小6としやすくなったのですが。 私の知識や興味も妙な方向にかたよっているのでだいたい真っ当な話題で終わりません。 何の話がしたいかと言うと今回は料理についてです。 shinmaimana.hatenablog.com…

10代の体力が有り余っているのはわかるが、親としては睡眠時間は確保して欲しい

子供たちの夏休みが終わって。 課題も無事に全部提出できたみたいで一安心。 いやいや、一週間たったら親の方にどっと疲れが出た感じがしますわぃ。 というのも、夏休み終了間際、24時間テレビを観て夜更かししたあげく、終わっていない宿題があったことに前…

愛情ホルモン(オキシトシン)は場合によっては、イジメを誘発する原因にもなるようです

愛情ホルモン、オキシトシン 感情や行動を落ち着かせたり、互いの信頼関係を強化し夫婦や親子の絆を作りやすくする効果もあるとされ、心理的、精神的なストレスも緩和されます。 shinmaimana.hatenablog.com で、この、オキシトシンには裏の側面もあるような…

育児は子供のためのみにあらず

育児はハイリスクノーリターンと誰かが言っていましたが。 脳科学的な根拠からは、育児のリターンはちゃんとあるみたいですよってはなしです。 オキシトシンというホルモンがあります、感情や行動を落ち着かせたり、互いの信頼関係を強化し夫婦や親子の絆を…

夏休み明けは不登校が増える時期、親も心配になりますな。

小学校の新学期が始まりました。 夏休み明けは不登校が増える時期であるらしいですね。 生活リズムも不規則になりがちだし、気持ち的にも不安定になりやすいとのこと。 夏休み中不規則で自由だった生活を、また朝早く起きてきちんと準備して学校へ、決まった…

映画『ワンピース スタンピード』アラフォーの夫婦も小学生の兄妹も存分に楽しめました

もうすぐ子供たちの夏休みもおわりです。 宿題頑張ってましたし、苦手科目克服も頑張りました。 shinmaimana.hatenablog.com で、頑張ったごほうびとして夏休みの終わりに 映画『ワンピース スタンピード』観に行ってきました。 わが家のように年の離れた下…

トウモロコシを食べる時のメインウエポンは上の歯?下の歯?

トウモロコシは朝に収穫したのをゆでて食べるのが最高においしいですな。 ゆでたトウモロコシを丸ごとで食べる場合の食べ方ですが 我が家は、流派が真っ二つに分かれます。 ・上の歯で芯から粒を落としつつ食べる派 と ・下の歯で芯から粒を落としつつ食べる…

子供の自由研究どうサポートするのがベストか、だいぶ悩みました。

この数年、学生さんの面白い自由研究がネットニュースになったりしているのをたまに見ますね。 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1402/06/news071.html 上のURLの『走れメロスは走っていなかった!?』などは テーマ選びも検証方法も最高ですよね。 …

笛とねぷた祭りと少子化と

小4の娘が夏休みが始まる前に。 『もらった』と言って、 お祭りで使う横笛を持って帰ってきました。 ホイホイくれるものでもあるまいと、娘の同級生の親ネットワーク経由で情報収集すると、どうやら本当にクラス皆がもらったようで。 その横笛は地域の団体…

夏休み恒例イベント(子供たち企画のおでかけ)

わが家では、夏休み恒例イベントとして子供たちと一緒に映画を観に行きます。 毎年の恒例としては。 仕事がパートの私が平日の休みの日を予定して計画。 私は自動車の運転が出来ないので、バスを利用して映画館まで行きます。 家の最寄りのバス停の時間表や…

『ちょっとした不審者騒動』が増えたのは地域のつながりが弱くなったことも原因かと思ったり。

不審者と一般の人の境界線ってのはどこにあるのですかね? 小学校の先生が言っていましたが『みんなに挨拶しなさいと教えたい、しかし子供たちの安全を一番に考えなくてはいけないところもある』と言う言葉がどうにも心に残っておりましてね。 親(おや)は無(…

子供達の夏休みが始まりました(集中できる時間を上手く作って習慣化したいところです)

長男、小6にしてみれば小学校最後の夏休みです。 宿題なんかは、それなりに自分で出来るんので付きっきりでなくても良いのは助かるのですが、あの子の場合、長期の休みになると、日がな一日YouTubeとゲームばっかりになりはせんかと気になるところです。 小…

吉田松陰先生と発達障害の娘に学んでみましたって話です。

吉田松陰先生『四十七大戦』という漫画で学びましたが、先生付けしないと、山口県民の方々に怒られてしまうみたいなので、先生と記載しています。 本題からずれた所から入りましたが、吉田松陰先生の名言『諸君、狂いたまえ』って 今の時代的に面白いですよ…

知識量よりも質問力?英語力より日本語力?

問題を解く力よりも、適切な質問をする力、問題自体を作る力の方が重要なのではないかと考えたりします。 アインシュタインも、こう言っているそうです『もし自分が殺されそうになって、助かる方法を考えるのに一時間だけ与えられるとしたら、最初の55分は適…

子供の記憶力をよくするには睡眠が大切

今回書きたいのは記憶関連で2つです。 まず、1つ目。 記憶に大きくかかわる脳の部位として海馬が有ります。 海馬の成長には、睡眠が大きくかかわっているようです。 海馬が最も成長するとされているのが6歳から12歳の期間 その期間9時間~10時間の睡眠を…

次女の「ジュゥベェ」

子供の言い間違いって面白いってはなしです。 わが家の次女ちゃん(もうすぐ4歳)は基本てきに奥さんにべったりです。 私は育児に関しては、必然的に長男、長女と一緒になっていろいろやることが多いです。 ただ、長男と長女が小学校に出発してから、奥さんが…

ネット検索の発達でよくわからない怖さは無くなった?

青森県弘前市の誓願寺には閻魔様と奪衣婆様がいらっしゃいます。 子供の頃私はこの奪衣婆様がやたらと怖かった覚えがあります、 うちのばあちゃんはこの奪衣婆様を、なぜか『しおからばば様』と言っていたのですが。 子供の頃の私にとって正体不明のナゾの存…

お姉先生の巨大きゅうりクッキングで姉妹関係改善プロジェクト

画像は畑で収穫した巨大キュウリです。 今回は、これを姉妹で一緒に料理して姉妹関係の改善に取り組んでみましたって育児記事です。 キュウリって夏場はありがたい野菜ですよね。 植えた種類は、ツルが畑のあちこちに地面を這ってどんどん伸びる種類で、キュ…

反抗期二人のぶつかりあい、収束はYouTubeで

男の子、女の子それぞれの反抗期の特性を理解しておけば、はたで見ている親はやきもきしますが、何かのきっかけで上手く関係は修復されそうですって話です。 こじれてた反抗期の兄妹関係の修復過程について例を紹介です。 我が家の長男は反抗期真っただ中で…

発達障害と思春期の特性、あわせて考えてみたら、意外に合理的な対応ができそうです。

長女の発達障害の特性として、多動性、過集中、衝動性は前提に理解した上での育児を心がけてます。 shinmaimana.hatenablog.com さらに環境因子として能力のパラメーターとしては平均的で部分的に突出していない方が集団には受け入れられやすい。 となれば、…

反抗期の男の子とマッチョイズムの相性は確実に良くないかと。

ちなみにマッチョイムズとは、(weblio辞書より) 男らしさや男性的な逞しさを重んじ、言説や主張の基調とする考え方のこと。マッチョ主義。 (こちらはあえてアンサイクロペディアより引用、より本質ついてるように思いましたので) マッチョイズムは人間の皮を…

人類史規模で男の子の反抗期をとらえれば、ごくごく自然な事(男性ホルモンのテストステロンが原因)

TV番組の世界一受けたい授業でも、著者の脳科学中野信子氏ご自身が出演されていましたが。 言葉も行動も荒っぽくなってきた反抗期の男の子 思春期の男の子は闘いたくて仕方がないこれを前提として理解してあげれば親は不要な心配をしなくて済むのかもしれま…

人口減少高齢化はポジティブにとらえられるのですね

『日本再興戦略』 落合陽一著 幻冬舎出版 この本は、くりかえし読んでも面白くて仕方がないです。 人口減少高齢化はチャンスだと記されています。 1つ目に、人が減って、高齢化で働ける人が減るので、仕事を機械化、省人化してもネガティブな圧力がかかりに…

『よつばと!』という三世代で楽しめて、それぞれに感じ方が変わるのがまた楽しい漫画。

三世代でそれぞれにおおいに楽しめるふしぎなまんが、 『よつばと!』 あずまきよひこ著 電撃コミックスです。 初版1巻出版2003年でまだ完結はしていません。 私が独身の頃から好きで購入しています。 私の母親60代も好きで読んでます(楽しそうに読んでまし…

幸せになるためにやめるたった一つの事、ご機嫌になるためにするたった一つの事

端的に結論から申し上げますと 幸せは幸せになる努力をやめたとき、手に入る。 ご機嫌は、ご機嫌になろうと決めたとき、手に入る。 これは『ご機嫌の法則100』 伊藤 守著 ディスカヴァー・トウエンティーワン出版のご機嫌の法則の88よりです。 好きな本…